キャッシング・ザ・ワールドでは

キャッシング・ザ・ワールドでは、キャッシングの申込方法や、審査時の注意点、借入れ方法や返済方法、アコムやプロミスなどの消費者金融のキャッシング情報や即日融資可能なキャッシングの申込時の注意点など、キャッシングに関するコンテンツを掲載しているサイトです。

急な出費で手持ちのお金だけではどうにもならない…。預金もなければお金を借りれる親も知人もいない…。どうしようかと考えながら歩いていると、よく見る金融会社の無人契約機が…。

「キャッシングか…。でもどうやって借りればいいんだろう。自分にも貸してくれるのかな…」

そんな風に考えたことがある方もきっと多いのではないでしょうか? お金が必要な時は突然やってきます。その一方で、お金というのはすぐに稼げるものでもありません。 そういう場合にとても役に立ち心強いのがキャッシングです。

ただ、キャッシング会社でお金を借りようと考えている方は特にそうだと思うのですが、金融機関からお金を借りるとなると不安になりますよね。そこで!キャッシングについてとても分かりやすく説明し、意外と身近な存在なんだということを感じて頂きたいと思います。


そもそもキャッシングってなんだ?

キャッシングとは、簡単に言えば個人向け融資のことを言います。一番の特徴とも言えるのが、担保も保証人も必要なく、お金が借りられるということです。

つまり、あなた自身の信用だけを元に借金が出来るということです。

しかも何のために使うのか、目的も必要ではないのです。この点、住宅ローンや自動車ローンを代表とする、ローンによる借り入れとは違う点だと言えるでしょう。

その一方で、借り入れ可能な限度額も低く設定されることが多いです。 通常、数十万円から数百万円という額に収まります。個人の信用情報を元に借り入れが出来るため、限度額は低い一方で、手続き自体は比較的簡単でスピーディーに完結するのも特徴と言えます。 手続きについては後ほどご説明します。


キャッシンに申し込む前に覚えておきたい2つのこと

実際に消費者金融などキャッシング会社に申し込んでみると、手続きはとてもスムーズに終わります。もちろん審査に通らなければお金を借りることは出来ないのですが、即日でのキャッシングも十分に可能です。

逆に言えば手軽に借りることが出来るだけに、ついつい安易に借りがちになる方もいることでしょう。さほど大きな額ではないかもしれませんが、借金をすることに違いはありませんので、申し込む前にこれだけは覚えておいて欲しいことを2つ挙げたいと思います。

1つ目は「金利」です。

キャッシング会社を選ぶ際には出来るだけ金利の低い会社を選ぶようにします。 そんなの当たり前じゃないか、と思うかもしれませんね。

では、消費者金融などのキャッシング会社のホームページなどには以下のように金利について書かれていることが多いのですが、あなたはどちらの会社を選びますか?

A会社:3%〜18%
B会社:7%〜15%


選ぶべきなのはB会社です。

もちろん一概に言い切ることは出来ないのですが、最初の利用の時は少な目の限度額を提示されることが多いと思います。額が少ないほど、金利は高めになるのですが、おそらく最高金利に近い金利が提示されると思います。

したがって、消費者金融会社に申し込みの際は最高金利をチェックするようにします。

当然その金利は返済額にも影響します。

例えば、借入額50万円を金利18%、12カ月で返済する場合、 月々の返済額は45,839円、累計で550,074円、つまり利息は50,074円となります。

同じ条件で金利15%だと
月々の返済額は45,129円、累計で541,544円、つまり利息は41,544円となります。

利息の差は8,530円。

あれ、それほど差がないぞ。 そう思った方もいるかもしれませんね。 もちろん、もっと借入額が大きくなれば必然的に利息の差も大きくなっていきますが、この額だと実はそれほどでもありません。

実は、金利以上に押さえておいて欲しいのが「返済期間」です。

さきほどの例を挙げてご説明します。

借入額50万円を金利18%、12カ月で返済すると、以下の通りでした。 月々の返済額は45,839円、累計で550,074円、利息は50,074円です。

同じ金額と金利で24カ月で返済するとどうなるでしょうか? 月々の返済額は24,962円、累計で599,079円、利息は99,079円です。 利息の差は49,005円。

50万円を2年かけて返済すると、10万円近くは利息ということになってしまいます。本来は別の何かに使えたお金を返済に回すだけになってしまっているのです。

お金を借りたら繰り上げ返済などを使って出来るだけ早く返す、これがポイントの2つ目となります。


キャッシングの申し込みから審査まで

キャッシングを申し込むには、インターネット、郵送、電話、無人契約機等から可能ですが、審査される内容はどの方法でも同じです。最近ではネットからの申し込みが主流なのですが、理由としては、便利で、とてもスムーズ、そして誰かに見られることなくキャッシングが可能なためです。

では、このネットでの申し込みを説明しながら、キャッシングの審査には何が必要なのかを説明します。

キャッシング会社のホームページを開くと、利用規約など一般的な説明もありますが、まずは「個人情報の信用情報機関への提供、登録、使用」に同意することが必要です。キャッシングする以上「個人信用情報機関の利用」への同意は欠かせません。 信用情報がなくてはお金は貸せませんので必須項目となります。

その他、個人情報(名前や生年月日、住居の種類や最終学歴など)や職務に関する情報(会社名や会社の住所、在籍年数や雇用形態、年収、保険の種類など)、借り入れ情報(希望借り入れ限度額や他社の借入件数と金額など)などを記入していきます。

こんなに多くの情報をが必要なのか…、とうんざりする方もいるかもしれませんが、キャッシングの場合、保証人もなくあなたという個人を信頼して貸す以上、「この人はちゃんと返してくれるか?」という判断をしなくてはいけないので当たり前なのです。

必要事項を記載し、内容を送信するとキャッシング会社から確認の電話かメールが届きます。そこまでで問題ないと判断されれば、勤務先に在籍確認の電話があります。 「勤務先に在籍確認の電話?ばれちゃったらどうしよう…」

そう思う方も結構多いようですが、その点は心配不要と言えます。 キャッシング会社の名前なんて絶対に名乗りませんし、そもそも本人以外の第三者にキャッシング利用の事実を漏らすこと禁じられています。

本人がその場にいたら電話に出た時点で在籍確認完了、いなくても「外出中です」などと言われれば在籍しているとされます。

在籍確認も含めて審査時間は最短だと30分で完了し、審査結果は電話やメールで連絡がきます。 それと同時に契約内容の詳細や限度額などが伝えられ、提出が必要な書類などについても説明されます。

運転免許証などの身分を証明出来るものや、借入額が高額になれば(キャッシング会社によっては少額でも)収入を証明できる書類(源泉徴収票や給料明細など)の提出が必要です。FAXやメール、最近ではスマートフォンのアプリからも送ることが出来ます。

後日、カードが自宅に送られてきますが、すぐに受け取りたい方は店頭窓口や自動契約機でも入手可能です。

最近では、カードを受け取る前であってもネットバンキングを活用することで指定の口座にお金を振り込んでくれるキャッシング会社が多くなりました。ネットキャッシングというのですが、このサービスによって、申し込みから借り入れまで即日での振り込みが可能となったのです。

また、店頭窓口や無人契約機で契約をする場合であっても、ネットから申し込んでおくことで時間の節約にもつながります。窓口に行ってから、「居住年数って何年だったっけ?」なんて焦りながら申し込む必要もありません。


キャッシングの返済方法は?

消費者金融キャッシングなどキャッシング会社では、さまざまな返済方法を用意しています。 ネットバンクやPay-easy(ペイジー)を利用しての返済や、銀行やコンビニの提携ATMの利用、銀行振り込みや口座引落などがあります。自分に合った返済方法を活用すると良いでしょう。

忘れっぽい方は、口座引き落としが良いかもしれませんが、残高が不足していると延滞になってしまうので注意が必要です。



実際に申し込んでみると、意外なほどあっさりとキャッシング出来てしまうことに気付くと思います。

ただそれだけに、返済に関しては意識が回らない方が多いのも事実です。 お金が必要となった時に、正しい知識でキャッシング会社を利用すれば、きっとあなた自身の心強いパートナーになってくれるはずです。

キャッシングでお金を借りる場合の色々な情報は以下のサイトを参考にさせていただきました。
お金を借りる

メニュー